空中浮揚閑話

某ヨーガ教師は、空中浮揚、つまり、結跏趺坐の体勢で空中に浮いてそのままの状態を保つことができるという。しかし、このパフォーマンスが可能なのは、写真の撮影を行うある側近以外は立ち会うことのできない、言わば密室の場に限られるとのことである。当初は、公の場などにおいて、この空中浮揚を披露することを試みたことが何度かあったと聞く。しかし、いずれの場合も、奇跡を演じて見せることはできなかったのは言うまでもない。その後は、見ている人のネガティブな想念が浮揚の妨げになるといったことを理由に、人前で演じようとすることはなくなったという次第である。   

では、空中浮揚とする写真について見てみよう。まず、床から30cmほどの高さの空中で結跏趺坐の体勢をとっている一コマの写真と共に、浮揚の場面を数カット連写したものとする写真を示している。結跏趺坐の体勢で同じような高さの状態にある写真が並んでいることから、それはまさに、ある程度の時間、空中に留まっているという事実を裏付けるものであると強調するが、数回の試行を繰り返し、それぞれ同じような高さの瞬間を一コマごとに撮影した写真によって連続性を表わすことも可能である以上、同じ高さの写真が並んでいるからといって空中に留まっているということの証左にはなり得ない。それに、空中浮揚というものを連写によって明らかにしようとするならば、同じ高さの状態にある場面だけではなく、床から離れる瞬間から再び床に戻るまでの全体の様子を連写したものを示すはずだと思うが、残念ながら、そうしたものは示されることはない。さらには、1mを超える空中浮揚を完成したと自慢する写真がある。よく指摘されるような結跏趺坐の体勢のままジャンプしたものであれば、数10 cmならともかく、1mを超えるほどの高さに達することは考え難いことから、それは、単なるジャンプであるという批判を退けることはできるかもしれない。だが、そもそも、床から離れる場面を見せていない以上、どのように1mほどの高さに達したのか、その様子は不明である。つまり、結跏趺坐の体勢で座った状態のまま床を離れたとは限らない。下肢の各関節部分が極度に柔軟で、手を使わないでも難なく脚が組めるなら、それまでのものとは異なるトリッキーな芸当によって、1mを超えることも考えられる。何にせよ、その高さが1mであれ、2mであれ、そのことによって空中に浮揚しているということが裏付けられるわけはない。

それでは、映像についてはどうだろうか。デジタルのビデオカメラを用いて空中浮揚の場面を撮影しようとしても、映像にいわゆる砂嵐などが生じ、何も映らなくなるという。ならば、フィルム式のカメラでは問題なく撮影ができるのであるから、アナログの8ミリフィルムカメラなどを用いて撮影すればよいはずだと思うが、これもまた、残念ながら、そうしたものは示されることはない。なお、映像として見えるようになるには人類全体の意識が変わらなければならないとのことだが、これほどの詭弁もないだろう。

結局のところ、空中に浮くことができると言いながら、実際に演じて見せることも、映像によって見せることもできず、ただそれらしき写真を誇示するだけというのが実状ということになる。つまり、その実態が、ジャンプなどの芸当であればもちろんのこと、たとえ、あるヨーガの技法によって、何やら体内にエネルギーが引き起こされ、身体が数10 cmほど跳ね上がってしまうというような現象であるとしても、そのまま空中に留まるものでなければ、それを空中浮揚として披露し得る手段は、静止写真のみというわけである。この限りにおいては、この空中浮揚なるものは、それらしく見える瞬間を切り取った写真で表現された虚構と見なす他はないだろう。あくまで空中に浮いてそのままの状態を保つことができると主張して、この空中浮揚を売りにし続けるなら、写真のみで済まされるはずはない。ナイーブなオカルトマニアにしか通用しないような詭弁に終始することなく、その確たる実証を示すべきだと思うのだが。